結婚して扶養にはいるとは

「 結婚して扶養に入ることになったの」こんな言葉を言いながら、実はよく分かってない…なんてことはありませんか。
そこで扶養とは何か説明しましょう。
簡単にいうと、配偶者やその他家族を養うにあたって経済面で困らないよう、税金や社会保険の面で優遇を受けられる制度のことです。
この制度を受けるためには103万以下の収入、養わなければ生活ができないという条件が必要になります。
扶養で受けられる優遇には先に述べたように2つあります。
1つ目は税金の控除です。
扶養家族の収入が103万以下であれば税金はかかりません。
2つ目は第3号保険者になれるということです。
普通だと支払うべき保険料を、第3号保険者となることで保険料を支払わなくてよいとされています。
簡単ではありますが、以上が概要です。
結婚をする際にはこの制度をかしこく利用したいものですね。

和と洋が完璧に融合した結婚式

あのゼクシィでも紹介された招待状です☆

ウェディングドレスの事なら京都のこのお店がオススメ!

ウェディングドレスについて

遺されたものとお別れするなら

結婚 扶養関連一覧

結婚を機に、退職する方も多いと思う。
その際、すぐ扶養に入るか体験を踏まえてのアドバスです。<

転勤族との結婚、退職

結婚をすると配偶者の収入によって配偶者を扶養に入れることができます。
では扶養に入れることでど

扶養による配偶者控除について

結婚を機に退職された方のほとんどは旦那さんの扶養に入る方がほとんどだと思います。
ではどのよう

結婚退職後の扶養手続きについて

Copyright(c) 結婚 扶養 All Rights Reserved.